マンション管理会社は運営内容を確認してから決めましょう

良質な業者に委託することで運営は安定します

マンション経営の敷居が低くなったと言われる理由の一つに、優秀なマンション管理会社の存在があります。オーナー様ご自身は不動産知識や経営スキル、コミュニケーション能力などがなくても、運営内容がしっかりしているマンション管理会社に委託してしまえば、安定した不動産収入を得続けることができます。昨今は若い方のマンション経営が流行っていますが、若い方のほうが長く継続してオーナー業を続けることができますので、マンション管理側も特に力を入れてサポートしていることもあるということです。オーナー様としては、まずは信頼できる優秀な管理会社を見つけられることが第一だということです。

サポート内容をしっかりと確認しましょう

マンション経営をサポートしてくれる管理会社は、日本国内にたくさんあります。大手不動産販売会社のグループ会社もあれば、専門に委託管理業務を行っている管理貸家もあります。規模の大小は様々ですが、オーナー様としては、まずはサポート内容、運営方法を確認しなくてはなりません。顧客対策、トラブル発生時には何をしてくれるのか等は重要なことです。また借主様に対するお家賃の取り立て方法や、滞納時における対処方法、その実績なども確認しておきましょう。

ご不明な点があれば遠慮なく尋ねましょう

マンション管理会社と契約を行う際には、まずいかなるサポートが受けられるのかを完全に把握しておく必要があります。管理会社とは一度契約を行ったら、その不動産物件を経営している限り長く継続的に付き合うことになります。オーナー様は出資をするだけで、あとは本業に従事されるわけですから、所有物件の管理は完全に業者任せになることがほとんどです。安心して任せることができるためには、まず仕事の仕方、実績を確認しなくては話になりません。スタッフの方と面談を行う際には、遠慮なくご不明な点や気になることを尋ねましょう。マニュアル通りにサポート要項を説明されるのを聴くだけではなく、積極的に尋ねることをお勧めいたします。また、そのオーナー様による質問に丁寧に答えてくれるかどうかも、業者選びの選考ポイントの一つと言えるでしょう。接客スキルが優れている業者は、実際の仕事ぶりも丁寧できめ細かいことの証明にもなっています。その面談の時間内に、相手の業者レベルを測るつもりで臨まれることもよいのではないでしょうか。

記事一覧